家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

第43話 『絶滅者ボスキート』  博士と助手な4コマ
   

風組とガチンコなボスキート。情報の錯綜で「こいつは13人目のセイザーかも(仮説)」をモロに信じた伝通院先生とそのご一行様。皆で装着。うんヶ月ぶりの名乗りポーズをして先生「これで分ったろう。俺たちはお前と同じグランセイザーだ」力説。‥‥わかろうはずもなく、せいぜい分かってボスキート「ぼす‥‥きぃと」と装着ポーズを披露。なんだかなぁ。
 涼子様「話して分からないヤツは、力で分からせるしかないわ!」
 仁「教えてあげてよ涼子さん」
 ‥‥さすがグランセイザー。かなわない。
 涼子様の必殺技をかっくらい『きらーん☆』といいそうな見事にぶっ飛ばされる仁。おおーいどこ行くんだー、かえってこーい。
 上司の命令と自分の倫理観に悩むルカ。あまりにも不自然な行動で、セイザーに見つかってしまいます。セイザーの伝統「宇宙人は優しく礼儀正しい」にのっとり、宇宙連合とボスキートの間柄を喋っちゃうルカ。なんでもボスキートは地球人のご先祖様で、宇宙からの嫌われ者でかつ「増殖する」らしい。
仁「あれが俺らのご先祖様かよ」
 全然にてないんだけど。
 そもそも宇宙連合は某北の国からの教育のように「地球人は鬼畜だ、滅ぼせ」と教育されていたようです。正しい歴史を教えましょう。
  明るく楽しい「封印装置(どーみてもポケモンげっとだぜー)」をパスしてまわしたり、後半戦には仁は欠席したり、またもや色々伝説の山を築きまくる伝通院先生。ドクター・スランプのがっちゃんのごとく殖えるボスキートとまあ、第1部のようにこゆくてお腹いっぱいの1話。

風組は、ボスキートに教育したいそーです
風組全員で装着。これは貴重だ
ボスキート「ぼす……きーと」
なりキッズでしょうか。大変お上手です
死にかけていた天馬は生かされたことに気がつく
仁「教えてあげてよ涼子さん」
仁「さすがっすね〜」
……とうとうこういうキャラになりました秤谷仁(25)
ルカさん。任務のため、邪魔をする
きらーん。
マリウス・ホームランっ
怪しい格好でいるのですぐ発見される
いまにもボコリそうなセイザーずを止めに入る天馬
ぜーはーいいながら、
★から戻ってきた仁
天馬「おしえてくれよぉぉぉぉ」
礼儀正しいマリウス星人に質問
ルカさん失神。
先生「衰弱している……」
インパクターのときよりも進化している医者の腕
人間だから救うのは当然。と言い切る風組
衰弱がウソのごとく礼儀正しい返事を返すルカさん
仁「あいつが俺たちのご先祖様かよ」
ホモサピエンスには見えないボスキート
ボスキート、Getだぜアイテム
お腹いっぱいで増殖の兆しのボスキート
やっぱり真っ先に飛び出す天馬
なぜか涼子さん。ポケモンボールに夢中になって、
ルカを逃がしてしまう
地球で平和に暮らせと天馬説得
通信&お仕置きグッズを投げ捨てるルカさん
かんせー
ボスキートに絡まれ装着な獅堂兄弟
ボスキート反町の技を仕掛ける
天馬ボスキートにドロップキック
よーく狙って
発射っ
セイザー・ミカ。ゲットだぜっ
ぎゃーな二人
マッハで駆け寄るボスキートから、ボールを守る。剣にパス
あっちこっちにパスが飛ぶボール
先生登場。むかついてアイアンゲイルぶっ放つ
命中
捕獲装置ばらんばらん
先生「しまったっ」
しまったじゃねーよっ
ルカさん、天馬を再び助ける
四人セットの必殺技。
仁の姿がないです……
弱ったルカを抱き上げる天馬
天馬「あ、洸ぁ」
為す術もなくうなだれる先生
光の粉になって散るルカさん
そっと見守るミカねーちゃん
……悪夢再び